【日本のウユニ塩湖・父母ヶ浜】四国・香川のオススメ観光スポット【西洋の古城・豊稔池ダム】

四国・香川のオススメ観光スポット第4弾は日本のウユニ塩潮と呼ばれる父母ヶ浜と日本最古の石積式ダムの豊稔池ダムの紹介です。
【父母ヶ浜】
1540129672543.jpg
日本の⚫⚫と呼ばれる観光名所は日本中に数多くあります。例えば日本のマチュピチュと呼ばれる城は探せばいくつかヒットすると思います。
そんな中、今回紹介するのは「日本のウユニ塩湖」と呼ばれている「父母ヶ浜」です。
この父母ヶ浜、瀬戸内海を望むロケーションと遠浅の海水浴に適した海水浴場として、
地元で知られていても、知名度のある観光スポットではありませんでした。
そんな父母ヶ浜が人気のスポットとなった要因は、インスタなどのSNS映えスポットとして一気に拡散されただめです。
遠浅の浜辺のため、干潮時に海はかなりの干出いきます。
その結果出現する潮溜まりが、まるで鏡のように映り、ウユニ塩潮のように水面に景色が反射した写真を撮ることができます。
夕方の瀬戸内海はそれだけで絶景なのですが、夕日が潮溜まりに反射した幻想的な雰囲気がとれると、夕日が美しいタイミングでの干潮時には多くの人がインスタ映えを狙って訪れています。
1540129695123.jpg
【豊稔池ダム】
豊稔池ダムは日本最古の石積式マルチプルアーチダムであり、同様の形式のダムは全国で二ヶ所しか存在していません。
豊稔池ダムの特徴は建造物としての迫力や存在感にあります。
真っ黒でまるで西洋の古城や要塞をイメージさせる姿は観光客にも人気があり、評価の高い観光スポットとなっています。
勢いよく放流する姿も素晴らしいのですが、
放流している中、その裏側を通ってダムを登ることが可能となっている点も特徴です。
(ほぼ、間違いなく濡れるので注意してください)
2006年に国の重要文化財に認定されており、隠れた名所ではあるものの、オススメできるくらい満足度が高い観光地です。
建設時には多くの地元住民が動員されており、地域と一体となった公共事業で当時最先端だった米国式のマルチプルアーチダムが建設されたことも豊稔池ダムの価値をあげています。
1540129423756.jpg